2014年09月01日

不思議な夢を見た。


仕事に行く前の午前中、二度寝をした時の夢。



僕はとある会社の一室で、仕事中のようだった。

いつもと違って、とても苦しかった。
間違って仕事を重複して受注してしまっていたんだ。

次の一件は、19:00頃から始まってしまう。
もちろん、こんなことは今までない。

なすすべもなく、時間が流れる。

ふと、その仕事を発注していた◯◯さんが、
1週間ほど前に、亡くなっていたことがわかった。

じゃあ、次の仕事は誰に頼まれたのものだろうか!?
、、、次の仕事は、無事に無くなった。

僕は、全身に戦慄が走り、隣にいた男性の腕に両腕でつかまった。
ぎゅっと、固まった僕の後ろ姿の映像。

夢の中で霊感を感じた、珍しい夢だった。


衝撃で起きた。


今日の仕事は14:00から始まるので、
ゆったり食事をとってから、家をでた。

外は、その時、土砂降りだった。

初めて行く会社のドアはロックが掛かっていた。
メールを見ると、17:00に変更するとのこと。


どこかで時間を潰す必要があった。


初めて行くカフェで、初めて注文する飲み物に対面している
現在の不思議な因果について、思いをめぐらせていた。

そして、窓から通りを眺め、しばらく鳥について考えていたんだ。


雨はほとんど止んでいた。


やがて、電話がかかってきた。
先方の準備ができなかったため、仕事が無くなったという。
こういうことは、よくあるようで、あまり記憶にない。


今日の夢が、今日の現実と重なりながらの、帰り道。
私は余分に歩いてみた。


ふと、

君の踊りを、もう見れないの? 見ちゃいけないの?

という、女性の声を思い出した。

15年以上も昔、あの時、僕は飛んでいたんだ。
簡単に傷つけてしまったね。


もうすぐ、大切なともだちが、鳥になる。
posted by editor-man at 19:58| 日記