2014年11月28日

とらの門

ひとち

とらの門をくぐる。

う〜む。
posted by editor-man at 02:28| 日記

2014年11月23日

声が凄い




 振り返る
 和声の響きと
 面影と
 メレディス・モンク
 考古学だと、教えてくれた


君の声は凄い。と思っていたけど、
歌手だったんだね。
CDを買うよ。
posted by editor-man at 20:20| 日記

2014年11月21日

魔神傘

昨日、おもてに出ると、突然降り出したような雨。

ちょうどあったよ、魔神傘。

かった。

雨を弾いた。たのしいな。

今日は晴れたね。
posted by editor-man at 22:53| 日記

2014年11月18日

トンネル

風呂桶をマウスパッドにしていた少年の作品。



合わせ鏡の世界観が完成されていて自然。凄いなと。
予想通り、奇妙なシンクロもあるし。

そもそも、共鳴するから、人は作品を観賞するんだろ。
単に、ありふれた、心理現象なのかもしれんけど。

久しぶりな気がする。

懐かしくて、、、

 風呂なしの
 民家の二階の
 新婚の
 風呂おけ手にして
 せんとうにいく

トンネルから抜けて、
- 傷口から、ひらかれる。 -

うれしいな。
posted by editor-man at 10:25| 日記

む (な)    



先日、乃木神社に、ふらり。

トンネルと橋と坂が重なった特殊な地形に存し、
それ故、剥き出した岩木が塊りになり、
武骨な運力があたりに充満していた。

若干、山寺のような雰囲気かもしれない。

外界から感覚遮断された将軍のお庭を散歩すると、
黒ずんだ邸宅が、懸命に死の時間を留まらせていた。

門前に掲げられた説明書きによると、
乃木将軍の幼名は、『無人』という。


私は、最後に使用した刀の前で、思わず合掌した。


私には、乃木将軍の切腹の物語が見えた。

- きっと無人だけに、天皇と共に『無人』が消えたのだろう。 -

そんなことを考えていると、
不思議と私の意識も宇宙に消えていくようだ。

私は『無人』と共に消え、いにしえの坂をのぼり、、、
そのまま『無人』の幼年時代へ楽しく思いを馳せる。

十八になるまで、無人のむっちゃん。と言われていたのだろうか。

むっちゃん。



む 

無 夢 霧 六 蒸 武



実際は、無人(なきと)と読むそうだが、
 
実際は、無人(むじん)と呼ばれたに違いない。




無 名 鳴 七 菜 成 投


posted by editor-man at 09:37| 日記

2014年11月11日

マイナス五歳

「ゴール始動」のメッセージを長いこと見ていた。

既に電車が走り始めたが、
朝の五時には、まだ陽は登らず、
低い所に停滞している空気は冷たかった。

生まれたて五歳、ほんしょちゃんの
名刺を予言者(青年)に渡す。

生まれて間もない赤ちゃんは
お話ができないだろう。
ということで五歳にしている。

と、五歳について、いくつかの理由を説明し、
いくつかの発見をしてから別れ、、、



寝て起きると、
新しいお知らせがあった。


これも意味がある予感がしたので
指示通りシュートの十五時を目安に行ってみると、

マイナス五歳のワーク。
ゼロになる。

もし本当に「おはだ」の問題で
マイナス五歳になるのであれば、
自然にゼロ歳になるので、
理想的な状態ではないだろうか。

今日はマイナス五歳。

流石に眠い。


posted by editor-man at 20:43| 日記

2014年11月09日

夢ビンゴ

君に見せたい景色がある。
と言われ、どんどん歩いた。

そんな夢。

10km以上あるよ。
ついておいで。

彼女は、強く、引っ張っていく力があった。

娘と男の子を連れて、、、

私はマックで買い物をして
急いで追いかけた。

着いた頃には、陽が落ちていた。

永遠と続くような田園風景が、
山の端を微かに残して沈んでいる。

見上げると空中に、ひとつ。
緑色のオーロラのような顔が
景色を透かして浮かんでいた。

その顔は、いろいろ話していたが、
あまり覚えていない…

近くを見ると、田んぼの中に
レーザー光でホログラムを生成する、
舞台照明のような形の投影機が二つあった。

子どもたちと一緒に、
なあんだ、作りものか。
と、少しがっかりしたが、

私たちを連れてきた女性の表情からは、
感情の揺らぎまでは読みとれなかった。

もしかしたら、この人は、
ここで、撮影、するのかな。

夢から覚めた後、なんとなく、、、
長野の風景のようにも
娘の幼馴染の田園風景のようにも感じられた。

どちらにしろ、真田氏の城下町。

先ほど、お隣のサナダくんに
フィルムコミッションの話を聞く。

以前、教えてもらった
もう一つの夢と合わせると、
そこは、じいさんの故郷。

ドリーム 夢 ビンゴ
posted by editor-man at 17:36| 日記